会社沿革

1937年10月 個人会社として創業を開始。
1947年10月 東京都渋谷区広尾5-1-21に資本金195,000円を以てライフ電球株式会社を設立。
1952年 6月 日産自動車株式会社・いすゞ自動車株式会社より純正部品に指定。
1956年 5月 JIS表示工場許可(小型電球)
1960年 7月 群馬県館林市塚場町に館林第一工業新設。
1966年12月 群馬県館林市新宿に館林第二工場新設。
1967年 1月 館林第二工場に自動車用電球製造の新鋭ライン設置。
1969年 5月 ハリソン電気(株)と自動車用電球事業に関する業務提携。
1969年 9月 館林第一工場を館林第二工場に吸収し「館林工場」と改称。
1970年 9月 市光工業株式会社、株式会社東芝、関東精器株式会社の
資本参加により日産圏市光グループに加入
1971年 5月 本社生産部門を館林工場に統合。
1972年10月 JIS表示工場許可(館林工場小型電球)
1974年10月 合理化5カ年計画第一次実行計画により高速度自動電球製造装置 1ライン導入
(米国スワンソン社製・東芝精機株式会社製)
1982年 2月 自動車用ハロゲン電球H4タイプに関するヨーロッパ規格の我が国における第一号の認証を取得。
1982年12月 自動車用ハロゲン電球自動製造設備導入開始。
1985年 8月 導入が完成、稼働を開始。
1987年12月 社名を株式会社ライフエレックスと変更。
1988年12月 群馬県邑楽町に第二工場用地17,500㎡を取得。
1990年 4月 第二工場完成。
1991年 4月 本社・工場、邑楽町に移転。第二工場と統合。
1992年 7月 無災害記録に対し労働大臣進歩賞受賞。
1993年 9月 JIS表示工場許可。
1995年 7月 国際化に対応して中国に合併会社設立、調印。
1996年 7月 同上、容城来福灯泡有限公司創業。
1996年10月 高速最新鋭ウエッジ球製造設備1号機導入稼働。
1998年 9月 中国容城来福灯泡有限公司生産ラインの増設。
1999年 4月 環境対応型着色設備導入稼働。
2000年 4月 自動車用ハロゲン電球高速全自動製造機増設、
2001年10月 当社SG技術、群馬県より「1社1技術」に選定。
2001年12月 高速最新鋭ウエッジ球製造設備2号機導入稼働
2002年12月 中国容城来福ハロゲン電球製造ライン新設。
2003年 1月 ISO 9001:2000年度版認証取得。
2003年 1月 HID自動車前照灯用製造設備導入。
2004年 7月 ISO 14001:1996年度版認証取得。
2005年 1月 LED灯具実装機導入(1~2号ライン)
2005年 7月 LED灯具実装機導入(3~8号ライン)
2006年 6月 ISO 14001:2004年度版移行完了。
2009年12月 ISO 9001:2008年度版移行完了。
2017年10月 自動車用ハロゲン電球高速全自動製造機中国移設

会社情報

容城来福灯泡有限公司
トップページ > 会社沿革